Content
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2017 9/14 『板橋区 清水坂』

志村坂上交差点の交番横にのびる道が旧中山道で、地図の赤いライン。
清水坂は武蔵野台地から低地へと一気に下る坂で、地図で急カーブになっている場所で、写真1枚目から分るように、十数メートルの高低差がある。
坂を下った先は、三田線が地下から飛び出してくるのが見える。

日本橋を旅立つと旧中山道で最初の難所。
隠岐殿坂、地蔵坂、清水坂と、時とともにその呼び名を変えてきた。
この坂は急で途中大きく曲がっており、中山道で唯一富士山を右手に一望できる名所であったという。
坂の下には(地図の青丸で囲ったあたり)板橋・蕨両宿をつなぐ合の宿があり、昭和40年代まで茅葺きの二階建ての茶屋が建っており、旅人が休憩をとったり、食事をとったりしていた。
合の宿は休憩を目的とした場所で宿泊の施設ではなく、戸田の渡しが増水で利用出来ない時の控えの場所でもあった。
この辺りは昭和30年代頃まで、旧街道の面影を残していたが、地下鉄三田線の開通などの都市化の波によってその姿を変えた。
また明治40年まで、志村の名主大野藤左衛門の屋敷があり(地図の青丸で囲ったあたり)、大名や公家などの身分が高い者が昼食などの休憩をとった。
明治元年と同3年の二度明治天皇が大宮氷川神社に行幸した際、大野家で休憩をとっている。
(いたばしの史跡探訪から引用)

【過去記事】
谷端川(源泉から池袋本町)
谷端川 2(池袋本町から小石川)
谷端川と池袋の名の由来
神田川に注ぐ谷端川
谷端川のお多福弁天
谷端川 田楽橋
板橋区大山西町の用水路
石神井川
かつての石神井川
石神井川 旧河道
石神井川 旧河道の露頭
昭和の石神井川
霜降銀座 古石神井川と谷田川
石神井川 沼
石神井川に佇む不動明王 安全の祈願
石神井川の付け替え
中板橋のプールと水神宮、練馬城 住宅地にある堀
下野谷遺跡
王子七滝
長池跡(谷田川源流)
谷田川に架かっていた橋の親柱
不忍池
水窪川
田柄川
ボクらのホームグラウンド、前谷津川
池袋の川 弦巻川
千川上水跡
分水嶺、千川上水調節池跡
玉川上水
河骨川(春の小川)
自然の猛威 渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流付近の谷
中台馬場先貝塚
池袋富士塚と池袋貝塚
急傾斜地
新宿区 赤城元町の崖
のぞき坂
巣鴨遺跡
駒込富士神社と古墳群
猿楽古代住居跡(代官山)
東池袋遺跡
庚申塚 巣鴨遺跡
代官山の古墳と鎌倉街道 中道
須藤公園
根ノ上遺跡
稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)
田柄川の水源と茂呂遺跡
豊島区の湧き水と池
稲荷台遺跡
赤羽自然観察公園の湧水
渋谷川 氾濫危険水位
公開された茂呂遺跡
東京の坂道 網干坂
北区西ヶ原 熊野坂
北区十条仲原 游鯉園の坂
逆川(古石神井川の流路)
今宮神社駐車場の湧水
赤羽台第3号古墳石室
巣鴨遺跡 町屋跡
巣鴨遺跡 柳沢家
出井の泉跡(出井川)
板橋区 清水坂