Content
line
2018年1月2月
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2018 2/7 『蓮根馬頭観音縁起』

----------------案内板から引用

当観音堂は、通称「田の観音」といい、本尊は牛馬を守護するという馬頭観音菩薩である。
開基は元禄十一年(一六九八)二月、貞閑大法師により現在地にまつられた。
通称は当時この一帯が田園であった事による。
農作業の往復時、あるいは荷駄の運搬途次、牛馬を連れて参拝する往時の人々の姿が偲ばれる。
当時は雨露をしのぐお堂はなかったが、利生あらたかなる観世音菩薩として信真の人々が、毎月十八日の縁日には村々より牛馬の手綱を握る人々が列をなし諸方より集い、観音堂はさらに降祥する。

----------------

馬頭観音は、高島通りと都営西台駅が面するメインストリートとの交差点付近にある。地図の赤丸部分。
建立されてから長い時間が経っているが、かつてこの一帯は徳丸ヶ原という一面田畑で、東京屈指の米どころだった。
高度経済成長期には悪水が流れ込み、田畑は使い物にならなくなり、開発とも重なり、農家の人々は土地を日本住宅公団に売却し、現在の高島平が誕生した。
何もない土地に馬頭観音が建立されたわけだが、当時は目立ったことだろう。
現在、近隣住民、足を止めて手を合わせる人もあまり見かけないが、手厚く守られている。
高島平が誕生して約50年、何もない土地が大変身し、団地が立ち並び、地下鉄が通り、かつての写真を見ると、これが街が生まれる瞬間なんだなとよく思う。
街が誕生して十数年後、ボクらスケートボードチームは西台、高島平を拠点として、毎日日が暮れるまでスケートをした。
今でもその当時のことは鮮明に憶えているし、週末はというと、東武練馬駅改札横にあったジョーイハンバーガーでエッグバーガー(30数年前....確か150円だった)とメロンソーダーをかき込んで、東上線に乗り、池袋へとスケートをしに行っていたのも懐かしい。
そういえばかつて、愛羅○○や◯舞という暴走族が夜な夜な爆音コールを奏でてそれはそれはとても賑やかだった。そして、台地の上を通る川越街道沿いは、他の某有名暴走族が縄張りとしていた。

余談だが、地図にあるダイエーは東と西に館が分れているのは、かつてその館の間に、用水路が流れていたから。ダイエーを通って、その先はヘビ公園へと続いて新河岸川(隅田川)へと流れ落ちていたそうだ。

【過去記事】
幕末を巡って
散歩JOG
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
吉祥寺 榎本武揚の墓
榎本武揚から緒方洪庵へ
高島流
大円寺 高島秋帆の墓
明暦の大火と本妙寺 遠山金四郎景元の墓
幕末の幕臣 山岡鉄舟の墓
千葉周作の墓 木戸孝允の駒込別邸
板橋城跡 赤塚城跡
遺されたものが語ること#2 石神井城跡
仙がい義梵
迷子センター
別れの橋跡・見送り坂と見返り坂 本郷4-37先本郷通り
縁切り榎 政略結婚と女性救済の場
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
目白台 台地の屋敷
近藤勇と新選組隊士供養塔
新選組 沖田総司 逝去の地
雑司ヶ谷霊園 ジョン万次郎墓
案内標識と庚申塔
清戸道の名家
池袋 四面塔尊
新宿に縄文人現る
加賀藩中屋敷跡 旧駕籠町
内藤新宿 天龍寺の時の鐘
古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
代官山の古墳と鎌倉街道 中道
旧鎌倉街道 中道編
鎌倉街道 中道 西巣鴨〜西早稲田
豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
鎌倉街道 中道 並木橋
ハッピーロード大山商店街 横道に佇む“命”の碑
江戸橋通り 出桁造り

板橋宿中宿名主飯田家(総本家)跡』案内板
切支丹屋敷跡地からシドッティ
江古田古戦場
ふじ大山道
御鷹方御組屋敷道
上板橋宿と大山福地蔵尊
宝永の庚申塔とお茶あがれ地蔵
地蔵・道しるべ(代官山 猿楽町)
田端 東覚寺 赤紙仁王
中山道 齋藤商店
現存する都内の一里塚
東京第一陸軍造兵廠 標石 陸軍用地
巣鴨 眞性寺の地蔵菩薩
千石緑地
延命地蔵堂の石造物群
観明寺 左甚五郎作の龍
板橋遊郭 新藤楼
旧中山道はタネ屋街道
葛飾北斎墓
旧中山道に現存する出桁造り(2017.11/6 加筆)
豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
北区十条四軒道路にある出桁造り
日曜寺の扁額
目白通りにある出桁造り
渋谷川 庚申橋供養碑
JR貨物北王子線と廃線跡
陸軍板橋火薬製造所跡
加賀前田家下屋敷跡 〜江戸下屋敷平尾邸〜
加賀公園 電気軌道(トロッコ)線路敷跡
文京区西片 菊坂下 言問通りと北区滝野川 飛鳥山 本郷通りの出桁造り
北区中十条3丁目の出桁造り
文京区 大円寺 ほうろく地蔵と吉祥寺の比翼塚
旧中山道 縁切榎
根津神社 塞の大神碑